北九州オアシスマーケット > オアシスとは > 北九州オアシスマーケットとは

オアシスとは


「食の砂漠(フードデザート)」地域で、買物不便を解消する「場」、出店することでの商いの「場」、そしてこのような地域に共通してみられる「コミュニケーション不足」を解消する憩いの「場」として、「北九州オアシスマーケット」は機能します。
 マーケットを通して「地域のつながり」を構築し、高齢化社会への相互理解を深めるのがこの「北九州オアシスマーケット」の役割なのです。

 日本の人口が2005年をピークに自然減を始めたことをキッカケに、今も続く深刻な経済不況等により大型スーパーが姿を消し、個人商店や商店街も存続できずに、中心部でありながら生活の基本的なインフラとも言うべき食料の調達が難しい地域のことを「食の砂漠(フードデザート)」と称しています。
 その打開する起爆剤として、生鮮三品を中心とした食品とその地域の人たちが喜ばれるサービス業が一緒になって行う「移動式市場」として「北九州オアシスマーケット」を立ち上げました。「オアシス」という言葉は、「心の休まる場所」という比喩表現としても用いられ、癒しの言葉としても浸透しています。まさに「食の砂漠(フードデザート)」の買物弱者たちにとってのオアシスである市場、それは食の供給機能としてのオアシスと「心の休まる場所」としてのオアシスが私たちが提案する「北九州オアシスマーケット」なのです。そのような地域を定期的に回り、少しでもその地域の方々の助けになればと考えています。

北九州オアシスマーケットの仕組み

 生鮮三品を中心とした食品とその地域の人たちが喜ばれるサービス業が一緒になって行う「移動式市場」として誕生した「北九州オアシスマーケット」!
 まず、新鮮でおいしい「肉」「魚」「野菜」を北九州のお店がご提供いたします。北九州でとれたものはもちろん、お店のバイヤーが自信をもって厳選したものをご提供いたします。
 またこの取り組みに賛同していただいた他の地区、特に九州内の生産者・加工業者の方々のこだわりの逸品もご提供いたします。あまりスーパー等ではお目にかかれないめずらしいものもご用意いたします。
 ここまではよく朝市や産直所でも見られるものですが、「北九州オアシスマーケット」ではサービス業の方々も出店もいたします。なかなか興味や困っていることがあっても、店舗を訪れることが時間やキッカケがないため利用できなかったものを集めています。マッサージやネイルサロン、パソコン教室などいろいろなジャンルのものがご提供できるように展開中です。



このエントリーをはてなブックマークに追加